更年期薄毛の特徴とは?気付かないうちに進行する理由とは?

男性型脱毛AGAに対して、女性男性型脱毛症は女性を表すフィーメールのFをつけてFAGAと区別されます。
4人に一人の男性が薄毛の悩みを抱えているとされていますが、女性も増加傾向が著しく特に更年期は深刻化するようです。

更年期女性の薄毛について

更年期薄毛はエストロゲンが減り始める40歳前後から始まります。
最初は、髪が細く痩せはじめ毛穴から発毛する本数が減り密度が低くなっていきます。
やがて分け目やつむじの地肌が目立ち始め、さらに進行すると髪全体から頭皮が透けて見えるようになってしまいます。
広範囲に薄毛が起こることからびまん性脱毛症と呼ばれ、更年期に最も多い薄毛です。
男性型脱毛症は5aリダクターゼという酵素が合成するジヒドロテストステロンという男性ホルモンが原因で発症します。
5aリダクターゼは遺伝性で女性の方が男性より遺伝率が高いのですが、エストロゲンが男性ホルモン、テストステロンの作用を抑制するため、男性のように若年から薄毛になることはありません。
エストロゲンが減少する更年期になると5aリダクターゼを持つ女性の中に、脱毛が急速に進行する例も見られます。

注意したい薄毛の進行具合

更年期に入る前から薄毛が始めるため、最近ハリやコシが少しなくなったかもしれない程度の認識で済ませてしまいがちです。
また進行スピードが大変ゆるやかなため、ヘアースタイリング剤を使ったりヘアースタイルを変えたりするとカバーできてしまいます。
薄毛症状が現れるつむじは本人には見えない部分ですし注意を払うこともないので、分け目などが目立ってきて初めて薄毛に気づくという事態になります。
更年期のほてり、多汗、倦怠感などの身体の不調や、イライラしたり落ち込んだりといった精神的不安定など辛い症状に悩まされ髪にまで気が回らないこともあるでしょう。
睡眠障害や食欲不振、肩こりや冷えなどの血行不良を伴う更年期症状は、抜け毛の進行を加速させるので、ある日突然深刻な状況に呆然とすることになります。
髪の違和感に少しでも気づいたら更年期薄毛の始まりと捉え、頭頂部の状態や抜け毛の性質チェックを怠らないようにしたいものです。

誰にも平等に与えられる加齢は、体力や肌の衰えなど嬉しくないプレゼントを届けます。
避けては通れませんが健康な若々しさは女性を輝かせ、減少した女性ホルモンを補充する効果も高めます。
若々しい髪を保つ第一歩は更年期薄毛の症状をきちんと把握することです。