更年期薄毛の改善に繋がるマッサージやツボ押し方法

ヘッドマッサージは頭皮の血行をよくし、毛根に栄養を届きやすくします。
女性に多い冷え性や肩こり、更年期の起こる自律神経失調に有益で、肌のシワやタルミを軽減する美容効果もあります。

女性向けのセルフマッサージ方法

両手の指全部を使って髪の生え際から頭頂にかけてゆっくり揉みほぐしていきます。
後頭部は首の付け根の頸動脈やリンパ節を柔らかくほぐした後、襟足から頭の上へマッサージします。
頭皮を動かすイメージで一か所につき10回程度を目安にし、力を入れすぎや長い時間やりすぎるのは逆効果です。
頭皮全体を揉みあげたら、血行促進効果のある百会、角孫、風池の3ツボを押しましょう。
百会は頭皮ばかりでなく全身の血行を高める万能のツボと呼ばれ、自律神経を整える効果があります。
角孫は両耳の上にあり、血行促進はもちろん緊張緩和の働きとシワ、たるみとりのツボとして知られています。
首後ろに位置する風池は自律神経と密接な係わりのあるツボで更年期の不定愁訴軽減し頭皮への血行をよくします。
マッサージはお風呂上りや就寝前のリラックスタイムが効果的です。

ツボ押しで育毛とリラックス

ツボ押しは指の腹を使い、程よい刺激が感じられる少し痛いけれど気持ち良いといった感覚が丁度よい強さです。
息を吐きながら3秒から5秒押し、息を吸いながらゆっくり力を抜きます。
ツボから指を離さないで押した時間と同じ3秒からから5秒休みます。
これを1セットとし、1クールは5から10セット程度、角孫や風池といった左右対称のツボは同時に押しましょう。
手にも薄毛の原因になる眼精疲労やストレスを解消するツボがあります。
手の甲の親指と人差し指間にある合谷は冷え性、肩こり、頭痛にも効くツボです。
中指の爪の下にある中衝はイライラした時に、眼精疲労には小指にある小骨空というツボを押してみましょう。
労宮は手のひらの真ん中で白髪も予防する育毛のツボ、心穴は神経を沈め肌荒れ改善のツボで中指にあります。
手のひらの最後のツボは小指にある腎穴、ホルモンバランスを整えます。

育毛のツボは更年期のホルモンバランスの乱れや憂鬱な気分も解消してくれます。
夜の頭皮マッサージとちょっとした時間の隙間でもできるツボ刺激を組み合わせてゆったり育毛タイムを過ごしましょう。