更年期薄毛とは?女性ホルモンの変化による薄毛の特徴について

女性の一生は初潮から始まって、妊娠、出産、閉経とホルモンバランスが目まぐるしく変わります。
特に更年期薄毛は女性ホルモンの変化が影響すると言われています。

ヘアーサイクルとエストロゲン

月経の周期をコントロールする女性ホルモン・エストロゲンとプロゲステロンは卵巣で作られます。
卵巣の成熟は30歳位をピークにその後機能低下が始まります。
卵巣の機能低下に従って女性ホルモンの分泌量は40歳頃から徐々に減り始め、閉経を迎える50歳前後で10代と同じレベルになります。
分泌がゼロではないにも関わらず、女性ホルモンの減少と更年期薄毛が密接な関係と言われるのはなぜでしょうか?
身体には恒常性を保とうとするホメオスタシス機能が備わっていて、女性ホルモンの減少を察知すると元に戻ろうと分泌を促す刺激ホルモンが生産されます。
卵巣は女性ホルモン生産能力が低下しているにもかかわらず、分泌する努力を強いられるのでストレスとなります。
そのためホルモンのバランスが失われ更年期障害の一つである薄毛を発症すると考えられています。
二つの女性ホルモンの内エストロゲンの減少だけが、更年期薄毛の原因と取り上げられるのは、エストロゲンが髪の成長ヘアーサイクルを管理する働きを持つからです。

男性とは違う女性の更年期薄毛

エストロゲンが少なくなると、成長期が短く休止期が長くなるため髪の成長が遅くなり脱毛が目立つようになります。
髪の体力も低下し新しく生える髪は徐々に痩せ、発育途中で脱落する毛根の弱い髪になり、一つの毛穴から発毛する本数が減ります。
ハリやコシ、ツヤが失われ全体的にボリューム感のない薄い頭髪になります。
女性ホルモンが減少する閉経後も男性ホルモンは同じ量が分泌されますが、髪が額から後退するとか頭頂部や後頭部の髪がなくなるといった男性型薄毛症の心配はありません。
女性の身体では男性ホルモンより女性ホルモンが優位にあり、男性ホルモンは病気に対する抵抗力を高め健康を維持する働きをします。
男性ホルモン分泌過剰がシンプルな原因の男性型脱毛と違い、女性薄毛の原因は多岐にわたります。
睡眠不足、食生活の乱れ、カラーリングやパーマそしてシャンプー剤などの薬物刺激、などが影響します。
とりわけ更年期はホルモンバランスの乱れから自律神経が失調気味になり、ストレスへの抵抗力が低下して薄毛が進行しやすいと言われています。

生殖機能をつかさどる女性ホルモンは閉経に伴い役割を終えますが、分泌が終わるわけではありません
女性ホルモンが減ることによるホルモンバランスの乱れが、更年期薄毛の一原因になっているのです。